2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

固定ページ

自費出版するときの原稿量

文章を作成するのは大変なことです。原稿用紙といえば400字書くことができますがこちらを埋めるのに1時間ぐらい悩むことがあります。悩んで作成したとしても読んだ人に認めてもらえないこともあるのです。通常のレポートであれば原稿用紙数枚程度になるでしょうが、これがきちんとした本となるとその程度では済まないでしょう。本として体裁を整えるためにはどれくらいの量が良いかがあります。自費出版をするにあたっては原稿量をどれくらいにするのが良いかがあります。400字詰めの原稿用紙で大体300枚ぐらいあると本の形としては良くなります。実際に製本をするとページ数では200ページぐらいになります。小説で言えば一般的な長さ程度になると思います。内容はその人によって違いますが、出来上がった見た目に関しては誰が作っても同じようになります。見た目も大事なのです。

自費出版は完成までどれくらいかかるか

毎日のように印刷されるものとして新聞があります。毎朝早朝に届けられているのですから、夜の間に原稿が作成され、印刷され、各配達所に届けられていることになります。1日で行っているのですからすごいことです。それを毎日のように行っています。1冊の本を仕上げようと思ったらどれくらいの期間がかかるのでしょうか。自費出版をするときにどれくらいかかるか気になっているのです。すでに原稿があるばあいと原稿から書き始める場合があります。原稿がある場合は後は見やすいように段を組み直したりして印刷をするだけです。それでも2箇月ぐらいはかかるようです。原稿からになると内容や書く人のスピードにもよりますが6箇月位かかることもあるようです。出版社ですからきちんとしたものを作成しようとしてくれます。細かいチェックをしてくれるのです。その分いいものができます。

自費出版で儲けることができるか

小説などにおいて毎年いろいろな賞が発表されます。作家の名前を冠したものが多いですが、それに受賞すれば新聞にそのことが掲載されますし、本屋などでも受賞作品として取り上げられます。そもそも受賞するような作品ですからある程度注目されているとは思いますが、更に注目度が上がるのです。これぐらいになるとかなり儲けることができるのかもしれません。若い人でも受賞することがあります。自費出版においてもたまにヒット作品が出ることがあります。そのような場合には多少儲けることができるのかもしれません。しかし現実にはなかなか儲けるところまではいかないようです。ある人はたくさん印刷したものの売れないので本屋さんから返品されてきたそうです。それが自宅に山のように積み上げられているとのことでした。趣味的なものならあまり作り過ぎないようにしましょう。

最近では印刷製本についての対象エリアがこれまでと比較して広がってきたといわれており、首都圏以外でもあると言われています。 コスト削減や高品質な仕上がりを強化するためにCTPシステムを導入することにより、短納期を実現!日々業務改善をしております。 用紙のサイズ、部数ごとの価格をご用意しております。自費出版をお探しの方へ【ニシダ印刷製本】 自費出版、冊子印刷の全工程の設備を完備している為、低コスト、短納期が可能となっております。