Home > 低コストで冊子印刷を実現するには

低コストで冊子印刷を実現するには

冊子印刷はその印刷するための紙の費用もさることながら、原稿を調節するまでにかかる人件費の影響で割高になってしまうことが多くありま。そこで、どのようにすれば低コストで冊子印刷を実現できるかどうか考えていきます。最近では多くの業者が様々なファイル形式に対応しているため、依頼主は専門のソフトを使用せずに簡易的なソフトやWardなどで制作した原稿をそのまま冊子印刷依頼することが少なくありません。このようなファイル形式で依頼を行うことは必ずしも悪いことではありません。しかし、人件費という意味での冊子印刷のコスト削減を図るためには少し注意が必要です。印刷を実施する業者の注意事項にも書いてあると思いますが、画面上で見るデータを実際に印刷したものには少しばかり差があります。例えば、印刷物というのは少し大きめに印刷して必要なサイズに切断を行います。その影響で印刷物の最も橋まで印刷内容があった場合に白い部分が出来てしまう可能性があります。これは画面ではサイズギリギリまでを表示できているが、紙の場合切断の際に多少の誤差が出ることに原因があります。そこで、紙の端まであるいは背景全体に色を使用する場合などは少し原稿よりも大きいイラストなどを設定し広い範囲に印刷してから端がブレても白が残らないようにする必要があります。この作業を行なっていなくても業者の方が対応してくれますが別途料金を取られる可能性があります。そのため、提出する原稿はきっちりと確認しておかなければなりません。

小規模でおすすめの冊子印刷のススメ

大学のサークルで使用するなど大量の部数を必要としないが体裁良く見せるためにも小規模な冊子印刷を依頼するということはあると思います。そのような時に妥当な費用に抑えるための重要なのが少ない部数にその業者がどの程度重きを置いているかをしっかりと判断することです。業者によっては小規模な部数の価格が非常に高く門前払いをしているような感じがあったり、また少ない部数については対応が悪いといったものも存在しています。複数の業者を比較して明らかに高いような業者は、その印刷技術やクオリティが高度なため価格も自然と高くなってしまっているのか、それとも小規模な部数は門前払いするために価格が高くなっているのかを吟味しなければなりません。小規模な部数であっても、例えばイラストや写真が主要なコンテツとなっている冊子では印刷技術もそれに対応するものを使用しなければ良い結果を得ることができません。高度な印刷技術を求めるとどうしても費用は高くなってしまいます。その均衡点を探さなければならないです。それに対し、文字が中心の製本であれば費用面で安い業者を使用するのが良いでしょう。この時も注意があり、その業者がどのような紙を使用しているのか確認すべきです。そうでなければ、ペラペラの薄い紙で作られた冊子が納品されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*